PLAYARTS ・ プロアクションリプレイ

カレンダー

2017/06
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
       

カテゴリー

最新記事

PLAYARTSからの おしらせ

月別アーカイブ

ゲーム連邦blog & News

ポケモン改造は要注意

2016.11.18 (Fri)

画像0


 ついに『ポケモン サン/ムーン』が発売になりました。
 
 いつものように2バージョン発売。あなたは、どちらをお買い上げになりましたか?
 


 「サン」ですね。
 
 これがメンタリズムです。
 とか言いたいところなのですが、予約数から統計的な予想を述べたまでです。ムーン買った方、ごめんなさいね。
 
 さて、今日は今後起こりうるリスクの話をしておきたいと思います。
 
 先日、『とびだせ どうぶつの森』のVer1.4アップデートが配信されました。
 このアップデートは、amiibo対応のアップデートが目的でした。ただ、同時に改造データの無効化という処理も内包していました。
 ド派手に改造しまくったプレーヤーは、初期化するしかないという重いペナルティーが課せられました。
 

画像1


 詳しくはこちら
 
 これ、任天堂の改造対策の本気度が見えてきます。
 
 きっと『ポケモン サン/ムーン』でも似たような対策をしてくることでしょう。
 バージョンアップの際には、要注意です。
 
 我々は、改造コードを提供していた経験が豊富にあります。その経験からどんなコードが危険なのかを予想したいと思います。
 もっとも、我々はコードを配信しませんけれどね…。


危険度:高
「アイテム全出しコード」
 コードひとつですべてのアイテムが999個になるのって便利ですよね。筆者もこの手のコードをたくさん作った経験があります。
 ただ、これらの「アイテム全出しコード」は本来ゲームに出てこない没アイテムやデバッグ用アイテムまで出してしまうことが多々あります。特にポケモンは顕著です。
 本来入手できないアイテムを持っているというのは、自分が改造していますと宣言するようなものです。改造検出プログラムも作り易いです。
 「アイテム全出しコード」コードは、絶対に使用しない方が良いでしょう。


危険度:高
「ポケモン変更コード」
 一言にポケモン変更コードと言っても様々な種類があります。野生出現ポケモンを変えたり、ボックス内ポケモンを変更したりするものなどです。
 効果の大小はあれど、「ポケモン変更コード」も使用は避けた方が安全です。
 本来覚えない技を覚えているポケモンや草むら生まれの伝説ポケモンなんかは、改造したことの目印。
 整合性のあるポケモンをコードで作成するのは、非常に困難です(正確にはコード化しにくい)。
 どんな内容であれポケモンを操作するコードは使用しないでください。


危険度:中
「アイテム個数変更コード」
 特定のアイテム(ポーチの一番上など)の個数を999個にするコードも注意が必要です。
 「アイテム全出しコード」よりは安全なコードと言えますが、リスクはゼロではありません。
 購入などで複数入手可能なアイテムは、999個にしても問題ありません。ただ、ゲーム内で入手できる数が限定されているイベントアイテムや特別配信でのみ入手可能なアイテムの個数を999個にすると、改造が発覚する可能性があります。
 なにを増やすのかを良く考えて使用してください。


危険度:低
「おこづかいMAX」
 所持金を増やすコードは、使っても改造が発覚する可能性は低いと考えられます。
 ただ、過去には短時間で所持金が増えると改造扱いするゲームも存在しました。じっくり遊んでから使用した方が安全です。


 以上のようなことが考えられます。
 まとめるとこんな感じです。
 
 普通に遊んでいるだけじゃできないことをするとアウト
 時間をかければできることならギリギリセーフ

 
 傾向と対策を踏まえてリスクを承知の上、コードを使用してくださいね。
 何が起きても我々は、一切責任を負いません。
 あと、プレイアーツはコードも出しません。勘違いしないように。


 

カテゴリー:ニュース

△ ページ TOPへ

Attention

※サイト内に掲載されているコードは、コード使用上の注意をよく読んでご利用ください。

※プロアクションリプレイ(PAR)は、秘技コード・攻略コードを使ったゲーム攻略ツールです。プロアクションリプレイシリーズについては、デイテル・ジャパン社のWebサイトをご覧ください