PLAYARTS ・ プロアクションリプレイ

カレンダー

2017/11
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
       

カテゴリー

最新記事

PLAYARTSからの おしらせ

月別アーカイブ

ゲーム連邦blog & News

USB Type-Cにご注意を

2017.03.31 (Fri)

画像0


 充電ケーブルにも流行廃りがある。今の主役は、USB Type-Cである。
 USB Type-Cの活躍の場所は、ドンドン広がっている。ノートパソコンからスマホ、そしてNintendo Switchにも採用されている。マイクロUSBが一時代を築いたように、この先何年かはUSB Type-Cの時代が続くことだろう。
 今は、まさにUSBの世代切換の過渡期。ちょっと注意が必要な時期でもあるので、改めてUSB Type-Cについて考えてみたい。
 
 普通に使っている限り、USB Type-Cについて意識することはあまりない。裏表を気にしなくて良いことぐらいしか旧世代のUSBとの違いを感じられないかもしれない。
 ところが、実際は全然違う。それを意識させないように作られている優れた規格なのである。
 
 主な違いは、次の4点。
1.裏表がないコネクタ形状
2.高速通信
3.映像信号の通信が可能
4.最大100Wの電源供給が可能

 
 これは、USB 3.1で制定された規格の一部である。
 ポイントは、3と4。Nintendo SwitchがUSB Type-Cひとつでドックと繋がるのは、この仕組みを巧みに利用しているからだ。
 ただ、だからこそ注意が必要なのである。
 
 今、巷には古いUSBケーブルをUSB Type-Cに変換するアダプターが売られている。また、相場よりも妙に安いUSB Type-Cが売られていたりする。
 こう言う商品には、注意が必要。互換性が保証されていないものが、少なからず混じっている。
 
 USB Type-C対応の高速充電器に互換性が保証されていない製品をつないでしまうと、機器に想定外の電気が流れてしまう。結果として、スマホやパソコンなどが一瞬で壊れてしまうことがある
 安価な商品がすべて粗悪品という訳ではない。ただ、価格を下げるために独自の工夫(規格からの逸脱)を施しているものもあるようだ。購入前に、しっかりと高速充電/急速充電対応かどうかを見極めて購入するようにしたい。
 特に多いのが、USB Type-Cケーブルなのに「USB 2.0準拠」となっている商品。これは、コネクタ形状がUSB Type-Cなだけであって、国際規格に準拠したUSB Type-Cケーブルとは言えない。
 より安全なケーブルは、『USB 3.1規格準拠』などと書かれている。「USB 3.1」に関する記述の有無を判断の基準にしてもらいたい。
 
 現在、USB 3.1規格準拠のUSB Type-Cケーブルの相場は、家電量販店だと1mで1,500円前後。まだ、割高感が拭えない。
 とは言え、数百円をケチって正しい互換性のないケーブルを選んでしまったが故にデバイスを壊してしまっては元も子もない。まさに安物買いの銭失いである。
 
 正しく規格を理解して、適切なケーブルを購入して快適安全にデバイスを活用しよう。
 
 

カテゴリー:ニュース

△ ページ TOPへ

Attention

※サイト内に掲載されているコードは、コード使用上の注意をよく読んでご利用ください。

※プロアクションリプレイ(PAR)は、秘技コード・攻略コードを使ったゲーム攻略ツールです。プロアクションリプレイシリーズについては、デイテル・ジャパン社のWebサイトをご覧ください