PLAYARTS ・ プロアクションリプレイ

カレンダー

2018/01
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       

カテゴリー

最新記事

PLAYARTSからの おしらせ

月別アーカイブ

ゲーム連邦blog & News

神対応を体験したい!

2017.12.12 (Tue)

画像0



 任天堂のカスタマーサポートに関する美談をネットでみかけることがある。
 時に手厚い対応故に「神対応」と呼ばれていることさえある。
 
 筆者は、短期間であるが解散後のデイテル・ジャパンのカスタマーサポートを手伝っていた。
 (その期間の対応について文句のある方もいらっしゃるでしょうが、それは置いておきましょう)
 毎週「訴えてやる!」というコントのようなメールを多数頂く楽しい職場でした。
 
 解散後のデイテル・ジャパンでさえ毎日50件以上の問い合わせが寄せられていたのだから、任天堂のカスタマーサポートへ寄せられる問い合わせは毎日何千件にもなっていることだろう。
 問い合わせ総数の多さからすると神対応になった案件はほんの一部だろう。少なくとも金銭的な見返りを要求して「訴えてやる!」と声を上げた方の元に神対応な結果は返ってこなかったに違いない。
 
 こんな思い出話を書いたのには、理由がある。
 実は、筆者も現在任天堂のカスタマーサポートに問い合わせをしているところだからだ。
 
 ポケ森で遊んでいたら、「イベントチャレンジをクリアしたのに達成扱いにならない」という不具合が発生したので調査をして欲しいと言う問い合わせをしている。
 不具合に対して詫びリーフチケットを要求したわけでもなければ、訴訟をちらつかせたわけでもない。純粋な不具合報告である。
 
 

画像1



 筆者が問い合わせをしたのは、クリスマスイベント開始直後の12月1日の17時53分。
 その問い合わせに対する返事は、同日12月1日の21時12分に届いている。サービス開始直後で膨大な問い合わせが寄せられているであろう時期なのにわずか3時間ぐらいで返答があったのだ。それも午後9時という遅い時間にである。
 驚異の対応速度。さすが対応の良さに定評のある任天堂のカスタマーサポートである。
 
 返信内容は、署名入りの定型文だった。
 短くまとめると「これから調査します。調査完了したら連絡します。追加で質問するかもしれません。」というもの。サポート対応の教科書のように隙のない見事な文であった。
 
 ただのバグレポートに対してここまで丁寧に対応されると、問い合わせたこちらが申し訳なくなってしまう。
 
 さて、あれから10日が過ぎた。
 対応完了の連絡も追加の質問もない。
 筆者の方もバグの再現を試みたがバグは起こらず普通にチャレンジ達成となってしまって、それ以上の検証ができなくなってしまった。
 
 返事待ってます。
 もし、補填してくれるなら「クリスマスのもと」より「クールのもと」が欲しいです。

【2017/12/15追記】
 12月14日の18時頃に待ちわびていた調査報告が届いていました。
 ポケ森サポートチームは、小さな不具合にも丁寧に対応してくれている模様。さすが任天堂のサポートチーム。

カテゴリー:その他

△ ページ TOPへ

Attention

※サイト内に掲載されているコードは、コード使用上の注意をよく読んでご利用ください。

※プロアクションリプレイ(PAR)は、秘技コード・攻略コードを使ったゲーム攻略ツールです。プロアクションリプレイシリーズについては、デイテル・ジャパン社のWebサイトをご覧ください